Menu

鍼灸について

Home

鍼灸について

痛くなく、熱くない安心の施術

痛くなく、熱くない安心の治療

皮膚または筋膜などの体表部位に特定の刺激部位(経絡やツボと呼ばれている箇所)に「鍼」や「灸」を用いて直接刺激を与える東洋医学発祥の施術方法です。

経絡(ツボ)に刺激を与えるという意味では、どちらも作用は似ていて、当院では患者さんのご要望や体調・症状に合わせて使い分け、施術を行っております。

安心・安全・衛生面に配慮した当院の鍼

三木接骨院の鍼治療で使用する鍼は高圧滅菌、アルコール消毒によって清潔に保たれた鍼を使用しております。
また、希望される方にはディスポシンという使い捨ての鍼もありますので、お気軽にご相談ください。

基本は電気鍼と呼ばれる電気を通す鍼

三木接骨院の鍼治療は電気鍼と呼ばれる電気を通す鍼治療を行います。
人間の体にも微量ながら電気が流れており、その電気の流れを良くするために使います。
坐骨神経痛などでお悩みの方に大変おすすめです。

鍼灸治療の適応事例

国立衛生研究所の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠が西洋医学の代替治療としての効果について有効であると発表しました。
世界保健機構(WHO)において、1996年には40以上の疾患に鍼灸治療が有効であると定められましたが、現在ではより多くの疾患に適応と認められました。

神経疾患

神経痛/神経麻痺/痙攣/脳卒中後遺症/自律神経失調症/頭痛/めまい/不眠・神経症/ノイローゼ/ヒステリー

呼吸器系疾患

気管支炎/喘息/風邪および予防

生殖、泌尿器系疾患

膀胱炎/尿道炎/性機能障害/尿閉/腎炎/前立腺肥大/陰萎

婦人科系疾患

更年期障害/乳腺炎/白帯下/生理痛/月経不順/冷え性/血の道/不妊

運動器系疾患

関節炎/リウマチ/頚肩腕症候群/頚椎捻挫後遺症/五十肩・腱鞘炎/腰痛外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

循環器系疾患

心臓神経症/動脈硬化症/高血圧低血圧症/動悸/息切れ

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎/耳鳴り/難聴/メニエル病/鼻出血/鼻炎/ちくのう/咽喉頭炎/へんとう炎

小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)/小児喘息/アレルギー性疾患/耳下腺炎/夜尿病/虚弱体質の改善

消化器系疾患

胃腸炎(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)/胆嚢炎/肝機能障害/肝炎/胃十二指腸潰瘍/痔疾

代謝内分泌系疾患

バセドウ病/糖尿病/痛風/脚気/貧血

眼科系疾患

眼精疲労/仮性近視/結膜炎/疲れ目/かすみ目/ものもらい

鍼灸 Q&A

鍼は痛くありませんか?

まったく痛くないわけではありませんが、鍼は髪の毛ほどの細さでほとんどの方が無痛で痛みを感じておられません。
また、鍼を入れた後に「ズーン」と押されているように感じることがありますが、これは鍼特有の「ひびき」で「痛み」ではありません。

鍼はくせになると聞いたのですが大丈夫でしょうか?

鍼自体に薬を塗るわけではありませんので、習慣性はありません。
安心して受けていただけます。

お灸は熱くて痕が残りませんか?

当院では灸の痕が残らないものを使用しておりますのでご安心ください。

鍼灸はどんな症状におすすめですか?

ムチウチ(頚椎捻挫)、肩こり、腰痛、膝痛等の他、冷え性、疲れ目、自律神経失調症などさまざまな内科系疾患にもおすすめです。